天明幸子展『しやわせかもしれない』がやってくる!! レポート
2003年3月1日〜9日 兵庫県芦屋市「ギャラリーR」にて



 初日は、あいにくの雨にもかかわらず、たくさんの方がいらっしゃってくれましたー。思ってもいない”再会”もあったり、感動の1日でしたよ。


 展覧会版「しやわせかもしれない」の準備とオープニングのため、2月28日と3月1日の2日間、芦屋に行って来ました。 会場の「ギャラリーR」さんは、関西地方では有名な「RYU-RYU」というパスタ屋さんが運営する、1階がカフェ、2階が雑貨屋さんのギャラリー(3階)です。

 「ギャラリーR」さんで開催するのは、今回が2度目。前回は、雑誌『オリーブ』で連載していた私の絵を見て、声を掛けていただき、個展をしました。今回の展覧会は、「気楽にやってください」とのお話しだったのに、準備を始めたら「あれも、これも」ということになって、結局、出発当日は徹夜でした!


会場のギャラリーRさんは、1階がカフェ、2階が雑貨屋さん

設営風景。すでに壁には約420枚の作品がずらり!! 手前が、ギャラリーの松田さん



 設営当日は、朝6:00に事務所を出て、ボーッとしたまま新幹線に飛び乗って会場入り。2年振りの「ギャラリーR」さんは、変わらず可愛らしいたたずまいです。

 事前に、作品を送って展示をお願いしていたので、壁面はほぼ美しく設営済み!(担当の松田さん、どうもありがとうございました) 早いもので、連載総数は422枚!! 今回、「しやわせかもしれない」としては初開催なので、ずらりと並んだ作品を自分でも初めて見たため、「良く描いたものだ!」と感動しました(笑)。

 あとは、バナー作品、パソコン、グッズ、限定「一点もの」Tシャツ、などを展示して...、と夜の7時頃には無事に終了しました!(前回は夜中の2時まで...)


いままで描いた400点以上を全て展示したため、階段の途中から展示が!

422点のイラストから20枚を選んで「一点もの」のTシャツを制作



 さて、初日には、あいにくの雨にもかかわらず、会場にはたくさんの方が来てくださいました!

 来てくれた方々の中には、「しやわせかもしれない」を毎日見ていただいてる方や、情報誌を見て来ていただいた方もいて。
 ギャラリーの松田さんのおかげで、関西地方で10誌ちかくも、この展覧会が紹介されたんですよ!


会場では、マグカップやステーショナリーなどのグッズも販売しました

ママと毎日「しやわせかもしれない」を見てくれている姉妹。かわいい!



 また、思っていなかった”再会”があって大感激でした!! 前回の個展の時に、見に来てくれた赤ちゃんが、また来てくれたり。すっかり女の子らしくなっていて、びっくり!

 絵の上手な礼夏ちゃんという女の子も、今度は弟くんを連れて、家族みんなで来てくれました!!(写真を探したら撮れてなくてガッカリ)  「メッセージ付きのおやつ」の差し入れを、持って来てくださった方もいらっしゃったんですよ。そりゃもう、感動ものでした!!


2年前に会った時は、パパの腕の中だった「ななこちゃん」。お写真をありがとうございました

パソコンでは、絵をスライドショーで見れたり、描いたときのコメントや、絵にまつわる写真が見れたり



 残念ながら、仕事の都合で、初日で東京に戻って来なくてはならなかったのですが。もともとは、関西方面に知り合いはいなかったのに、 「ギャラリーR」さんでの個展をきっかけに、色々な方とお知り合いになれて、本当に嬉しかったです。

 お忙しい中、お越しくださった方々、本当にどうもありがとうございました!! 今後とも、よろしくお願いします。


月ごとに絵がカレンダーのように並ぶ画面が、楽しい! と評判でした

1階のカフェでは、このポスターがお出迎えしましたよ


illustration (c) 2003 sachiko temmyo