自分専用のシャーペンを手に入れた息子は、襟元にシャーペンを差し、保育園の先生ごっこを始めました。どうやら、いつも担任の先生が、ペンを胸ポケットに差しているのを、マネたようです。

ぬいぐるみを園児に見立てて、朝の登園ゴッコをし、泣いている園児を慰めているマネをして、とても嬉しそうにしていました。

No. 0600

index