夜、寝かしつけた後は、リビングで仕事をする毎日なんですが、目を覚ました息子は最近、マッハで走ってきます(笑)。

ぐずん、と泣き声が聞こえたかな? と思うと同時に、ドタドタと足音が聞こえ、廊下の扉が開き、泣き出すのです。

様子が分かるように、また、起きてこれるようにと、寝室とリビングのドアは、少し開けておくのですが、寝ボケながら走ってくる息子は、すりガラスが入ったリビングの扉に、勢いよくゴツンすることもあります(笑)。

No. 0159

index