■当社の目指すこと
多くの人々の良しと思える方向が徐々に変わってきています。
「量から質」「物から心」「ハードからソフト」等、テーマ(標語)として語られた言葉が
実際の生活において具現化していく時代になってきたようです。
生活環境の器である建築にも、これまでの機能性、経済性デザイン性に加え
生活のクオリティー(心の豊かさ)をいかに高めていくかという事が、求められます。
それは新たな特別な物ではありません。
生活の中で様々な新たな関係性を感じる事が大切です。
例えば日本の文化的空間の茶室、にじり口は身分の関係性を変え、一輪の花が季節を語り
一幅の軸が思いを伝え、あかり窓が光と影を作り、客と主人の人間模様が展開されます。
私どもは、そんな心の豊かさを創出する空間造りを皆様と共に考えながら、めざして行きたいと思います。






建築家オウチーノ